ショッピングバッグの商品数 (0)

現在ショッピングバッグ内に商品はありません

小計 ¥ 0
配送料 ¥ 0
商品合計 ¥ 0 (+税)
ご購入手続きへ
ウィッシュリスト(0)
検 索
ショッピングバッグ
ウィッシュリスト
+ 1

Aviator

元々、1937年に米国パイロットのためにデザインされた、Ray-Banのアビエーター。確かな品質、性能、そして快適さを持ち合わせ、様々なシーンにさりげなくフィットするからこそ、現在でも多くの方々に愛され続けるRay-Banの代表的なモデル。そんなアビエーターが歩んできたこれまでの歴史と進化をご紹介します。

RAY-BAN AVIATOR 1937

一人のパイロットの野心から生まれた「アビエーター」

アビエーターの誕生秘話は、当時まだパイロットの卵だった大胆不敵な伝説のパイロット、ジョン・A・マクレディーから始まります。自分より以前に飛行したパイロット達よりも、より高く飛ぶことを決意したジョンは、高所でもパイロットの目を光から保護するゴーグルを求め、米軍向けの装備を作っていたメガネ会社に話を持ち掛けました。彼の依頼を受けて開発されたサングラスは彼が求める完璧なものに仕上がり、それは航空業界とってイノベーションでした。パイロットの酸素マスクの周りにフィットする個性的なティアドロップシルエットを採用し、光の眩しさからパイロットの目を守るレンズを組み合わせて誕生したのが、Ray-Banのアビエーターでした。

飛行、そして戦い

1930年代に「アビエーター」は、軍用仕様のサングラスとして初めて導入されました。強力で圧倒的存在感、そして大胆不敵なスタイル。後に標準仕様となったこのフレームシェイプは、米軍に定着していた「英雄」のイメージを引き継ぐことになりました。 1937年にアンチグレア・サングラスの名で発売されましたが、すぐに名前が「アビエーター」に変更されました。こうしてRay-Banは、史上初のサングラスのブランドとなりました。

RAY-BAN AVIATOR 1937

一人のパイロットの野心から生まれた「アビエーター」

アビエーターの誕生秘話は、当時まだパイロットの卵だった大胆不敵な伝説のパイロット、ジョン・A・マクレディーから始まります。自分より以前に飛行したパイロット達よりも、より高く飛ぶことを決意したジョンは、高所でもパイロットの目を光から保護するゴーグルを求め、米軍向けの装備を作っていたメガネ会社に話を持ち掛けました。彼の依頼を受けて開発されたサングラスは彼が求める完璧なものに仕上がり、それは航空業界とってイノベーションでした。パイロットの酸素マスクの周りにフィットする個性的なティアドロップシルエットを採用し、光の眩しさからパイロットの目を守るレンズを組み合わせて誕生したのが、Ray-Banのアビエーターでした。

飛行、そして戦い

1930年代に「アビエーター」は、軍用仕様のサングラスとして初めて導入されました。強力で圧倒的存在感、そして大胆不敵なスタイル。後に標準仕様となったこのフレームシェイプは、米軍に定着していた「英雄」のイメージを引き継ぐことになりました。 1937年にアンチグレア・サングラスの名で発売されましたが、すぐに名前が「アビエーター」に変更されました。こうしてRay-Banは、史上初のサングラスのブランドとなりました。

Shooter

Ray-Ban Shooter

初めてのデザインリニューアル

「アビエーター」を実用的な仕様に変更して作られたのが「シューター」でした。アビエーター史上初となるデザインのリニューアルでは、対象がパイロットから猟師へとシフトされました。狩猟用であることを考慮し、「アビエーター」のカーブしたブリッジがリングに変更されました。このリングは、猟師が両手を自由に使えるようにする為、タバコを差しておく為に使用されたと言われ、シガレットホルダーと呼ばれていますが、実際はフレームをより強化する為のものです。

初めてのデザインリニューアル

Changing Elements

「アビエーター」を実用的な仕様に変更して作られたのが「シューター」でした。アビエーター史上初となるデザインのリニューアルでは、対象がパイロットから猟師へとシフトされました。狩猟用であることを考慮し、「アビエーター」のカーブしたブリッジがリングに変更されました。このリングは、猟師が両手を自由に使えるようにする為、タバコを差しておく為に使用されたと言われ、シガレットホルダーと呼ばれていますが、実際はフレームをより強化する為のものです。

Outdoorsman

Ray-Ban Outdoorsman

新たな分野での挑戦

「シューター」に続いてすぐに「アウトドアーズマン」が発表されました。釣りや狩猟など屋外のアクティビティ向けにデザインされた「アウトドアーズマン」の初代モデルには、流れ落ちる汗が着用者の目に入らないようにブローバーが採用されました。現在の「アウトドアーズマン」も、その存在感がオリジナリティを演出するアイテムとなっています。

Ray-Ban Outdoorsman

新たな分野での挑戦

「シューター」に続いてすぐに「アウトドアーズマン」が発表されました。釣りや狩猟など屋外のアクティビティ向けにデザインされた「アウトドアーズマン」の初代モデルには、流れ落ちる汗が着用者の目に入らないようにブローバーが採用されました。現在の「アウトドアーズマン」も、その存在感がオリジナリティを演出するアイテムとなっています。

Craft

Ray-Ban Leather Craft

ゴールドのカラーレンズを通して見る世界

「アビエーター」は、紫外線によってレンズカラーが変化するアンバーマティックレンズを採用し、再びリニューアルを遂げました。真夏のカリフォルニアをロードトリップしていると目にすることがある陽炎を彷彿とさせるこのアンバー色のレンズは、眩しさを遮断する為、光に反応しゴールデンイエローから深みのあるブラウンへと色が変わります。そして今、定番のアンバーマティックが、新たな時代に向け復活しました。「 アンバーマチックレザー クラフト」は、歴史あるデザインに敬意を示しつつ、本革のディテールがプラスされた新たなスタイルに仕上がっています。

Ray-Ban Leather Craft

ゴールドのカラーレンズを通して見る世界

「アビエーター」は、紫外線によってレンズカラーが変化するアンバーマティックレンズを採用し、再びリニューアルを遂げました。真夏のカリフォルニアをロードトリップしていると目にすることがある陽炎を彷彿とさせるこのアンバー色のレンズは、眩しさを遮断する為、光に反応しゴールデンイエローから深みのあるブラウンへと色が変わります。そして今、定番のアンバーマティックが、新たな時代に向け復活しました。「 アンバーマチックレザー クラフト」は、歴史あるデザインに敬意を示しつつ、本革のディテールがプラスされた新たなスタイルに仕上がっています。

Craft

Ray-Ban Mirror

新たな時代の到来

1970年代には、宇宙への強い関心がファッションにも反映されていました。そして、技術競争がスタートした時代でもありました。その技術的イノベーションが「アビエーター ミラー」の誕生につながったとも言えます。眩しさを遮断する為、シルバーのコーティングが施された反射性レンズが採用された、この最新式フレームは、当時のディスコで定番アクセサリーになりました。一方、セレブ達にとっては、パパラッチのカメラのフラッシュから目を守る為に、欠かせないアクセサリーにもなったと言われています。

Ray-Ban Mirror

新たな時代の到来

1970年代には、宇宙への強い関心がファッションにも反映されていました。そして、技術競争がスタートした時代でもありました。その技術的イノベーションが「アビエーター ミラー」の誕生につながったとも言えます。眩しさを遮断する為、シルバーのコーティングが施された反射性レンズが採用された、この最新式フレームは、当時のディスコで定番アクセサリーになりました。一方、セレブ達にとっては、パパラッチのカメラのフラッシュから目を守る為に、欠かせないアクセサリーにもなったと言われています。

Evolve

Ray-Ban Evolve

1970年代の精神

1970年代、カリフォルニアの煌びやかで鮮やかなビーチ文化は、常に何かを開発する上で、インスピレーションの源となりました。伝統的なスタイルはそのままに、鮮やかなブルーから、スモーキーなピンクまで、まるで万華鏡のような色に溢れた世界をレンズ越しに楽しんで頂けるように、Ray-Banはシャープなコントラストとクリアな視界を実現しました。そして今、Ray-Banはこの伝統的なスタイルの新たな進化として、紫外線によってレンズの濃淡が変化する調光レンズを採用し、このアイコニックなスタイルを「エヴォルヴ」としてリニューアル展開しています。

Ray-Ban Evolve

1970年代の精神

1970年代、カリフォルニアの煌びやかで鮮やかなビーチ文化は、常に何かを開発する上で、インスピレーションの源となりました。伝統的なスタイルはそのままに、鮮やかなブルーから、スモーキーなピンクまで、まるで万華鏡のような色に溢れた世界をレンズ越しに楽しんで頂けるように、Ray-Banはシャープなコントラストとクリアな視界を実現しました。そして今、Ray-Banはこの伝統的なスタイルの新たな進化として、紫外線によってレンズの濃淡が変化する調光レンズを採用し、このアイコニックなスタイルを「エヴォルヴ」としてリニューアル展開しています。

Blaze

Ray-Ban Blaze

栄光の輝き

21世紀に求められるのは単なる輝きではなく、異彩を放ち、人目を惹く輝きだと考えました。「アビエーターブレイズ」では、これまでの定番レンズの考えを根本から変えたデザインです。ただ、レンズがフラットになっただけでなく、フレームの上にレンズを搭載するという新たな構造がデザインとなりました。存在感のある鮮やかな色のメタル製のフレームには人目を惹きつける魅力がありますが、同時にかける人の匿名性も守ってくれます。「ブレイズ」でアビエーターは完全にリニューアルを遂げました。

Ray-Ban Blaze

栄光の輝き

21世紀に求められるのは単なる輝きではなく、異彩を放ち、人目を惹く輝きだと考えました。「アビエーターブレイズ」では、これまでの定番レンズの考えを根本から変えたデザインです。ただ、レンズがフラットになっただけでなく、フレームの上にレンズを搭載するという新たな構造がデザインとなりました。存在感のある鮮やかな色のメタル製のフレームには人目を惹きつける魅力がありますが、同時にかける人の匿名性も守ってくれます。「ブレイズ」でアビエーターは完全にリニューアルを遂げました。

Optical

Ray-Ban Optical

アイコニックなかたちの新たな可能性

アビエーターの更なる可能性として、アビエーターのフレームシェイプを採用したメガネが誕生しました。恐らく、アビエーター自身もこの改革の瞬間を持ち望んでいたに違いないはずです。それは、サングラスでもメガネでも目指すところはただ1つ、目を守るところにあるから。80年前に、このアビエーターが誕生して以来、Ray-Banは、常に新たな息吹を吹き込み、様々なリニューアルを重ねてきました。もちろんその時代に合わせ、最先端のテクノロジーを駆使したレンズやフレーム、そしてデザインにおいても新境地を開拓してきました。そしてこれからも、Ray-Banを愛して下さる方々がいる限り、決して立ち止まることなく新たなチャレンジと進化を常に繰り返していきます。

Ray-Ban Optical

アイコニックなかたちの新たな可能性

アビエーターの更なる可能性として、アビエーターのフレームシェイプを採用したメガネが誕生しました。恐らく、アビエーター自身もこの改革の瞬間を持ち望んでいたに違いないはずです。それは、サングラスでもメガネでも目指すところはただ1つ、目を守るところにあるから。80年前に、このアビエーターが誕生して以来、Ray-Banは、常に新たな息吹を吹き込み、様々なリニューアルを重ねてきました。もちろんその時代に合わせ、最先端のテクノロジーを駆使したレンズやフレーム、そしてデザインにおいても新境地を開拓してきました。そしてこれからも、Ray-Banを愛して下さる方々がいる限り、決して立ち止まることなく新たなチャレンジと進化を常に繰り返していきます。